読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚して離婚を経験して、ブログを開設するご挨拶です。

初めまして、13年間の結婚生活を経験させていただき、小学生と中学生のかわいい子供たちを連れて、2016年の夏に離婚したまこと申します。

簡単に現在の状況はというと・・・。

13年間私は専業主婦でしたが、離婚決定直後が4月でしたので、仕事もないまま親の力を借りて、アパートに引っ越し。

1か月後、正社員として職を得て現在も働いています。

養育費は毎月欠かさず頂いています。

正社員についてから生活が安定したので、親の力を借りて自宅を持ちました。

現在は子供と3人暮らしで平穏に暮らしています。

それも働かせてくれている会社と、力になってくれた親と、一緒に頑張ってくれている子供のおかげと感謝しています。

 

離婚の理由は性格の不一致です。

となっていますが、私の中では「レス」でそのことを乗り越えようとしたある行為がさらに離婚まっしぐらとなりました。

乗り越え方がかなりひどく、自分勝手なものになってしまいました。

 

このブログでは、離婚までの経緯やそれにまつわる自身の気持ちや考えを書いていきます。

 

結婚に悩んでいる方も、離婚している方とこのブログで何か分かつものがあればとても嬉しく思います。

 

そのためにも、自分の黒い気持ちも書いていこうと決めています。

 

離婚をしてから思うのは、離婚してよかったという点と、反省している点と両方あります。

それは、離婚しないと想像できなかった部分がかなり大きく存在しています。

でもそのおかげで、結婚生活で学ばなくてはならなかった補習としてたくさん学ぶことができていると思います。

反省があることにこそ、私の大切な学びがあるのだと感じています。

それが、シングルとして生きる自分の大切な生き方にもつながっているからです。

反省を私にさせてくれた離婚なんだと感じることもあります。

そんな私が今言えることは、離婚してもしなくても、人生なにをしてもしなくても、すべての道に幸せがあるということです。

f:id:happymako:20170226104338p:plain

見つけられるか、られないかの違いだけです。

そして、それを見つけたら努力を惜しまないことです。

私には、両方欠けていました。

幸せを見つけきれなかった自分の教養のなさ。

努力もできない自分の未熟さ。

つまり、離婚してもしなくても今の生活に幸せを見つける宿題を乗り越えなければ、どちらにしても苦難はあると思っています。

理由は、幸せはあるのではなくて見つけるものだから。

だったら、離婚するほうがいいという考え方と、結婚生活を継続する方がいいという考え方は、同じなのです。

それでも、違いはもちろんあります。だからこそ吟味に吟味を重ねなくてはいけません。

私の場合、反省は多いものの戻ろうとは思わないやはり大きな問題が「レス」以外にもあったので、今の生活に感謝して幸せを感じて努力しています。

同じ悩めるブロガーの皆様と、多くの幸せ分かち合えれば幸いと、私の挨拶とさせていただきます。